【広島ジュニア国際フォーラム】English below | 【公式】NPO法人 PCV |Peace Culture Village
を支援する Donate in English

【広島ジュニア国際フォーラム】English below

【広島ジュニア国際フォーラム】English below

PCVは、広島ジュニア国際フォーラムで、ピースパークのライブ中継ツアーと被爆者の証言プログラムを行いました。

広島県国際課が主催するこの4日間のフォーラムには、世界中から60人の高校生が参加しました。

今年は、日本、中国、インドネシア、インド、ブラジル、フィリピン、韓国、カンボジア、メキシコ、トルコ、カナダ、バングラデシュ、ベトナムから高校生が参加しました。

プログラムの中では、被爆者の田中稔子さんへ質問をする時間があり、参加者から本当にたくさんの質問が出ました。
例えば:
・差別、放射線関連、ホームレスなど被爆者が直面した課題について
・芸術の力で過去のトラウマを乗り越えていくことについて
・次世代に力を与え、世界の平和を創造するためには?

フォーラムの過程で得た知識と刺激をもとに、学生たちは広島宣言を作成し、一般に公開します。私たちは彼らの宣言を心待ちにしています!

PCV hosted a live-streamed tour of Peace Park and hibakusha testimony during the Hiroshima Junior International Forum.

This four day Forum run by Hiroshima Prefecture’s International Affairs Division was attended by 60 high schoolers from all over the world.

This year, we had high schoolers participating from Japan, China, Indonesia, India, Brazil, Philippines, South Korea, Cambodia, Mexico, Turkey, Canada, Bangladesh, and Vietnam.

During the program, we discussed their questions with hibakusha Toshiko Tanaka. For example:
・Challenges the hibakusha faced, including discrimination, radiation-related diseases, and homelessness
・Channelling trauma through the power of art
・Empowering the next generation to create peace in the world

With the knowledge and inspiration they’ve gained over the course of the Forum, the students will create a Hiroshima Declaration to be presented to the public. We eagerly await their Declaration!

Translate »