【立命館慶祥高校平和学習プログラム】 | 【公式】NPO法人 PCV |Peace Culture Village
を支援する Donate in English

【立命館慶祥高校平和学習プログラム】

【立命館慶祥高校平和学習プログラム】

昨年PCVは、人権について研究をしている立命館慶祥高校の学生を対象に、平和教育プログラムを主催しました。

初めに、PCVのメンバーであるメアリーとほのかは、私たちが考える平和文化の概念を共有しました。その後、広島平和記念資料館を訪れるにあたってのマインドセットを行ったり、平和公園を案内するなど、終日共に時間を過ごしました。

他にも、被爆者でプロの芸術家である田中稔子さんが登壇してくださり、ご自身のお話をされた後も生徒の質問に快く答えてくださりました。

私たちは1日を通して、平和活動の報酬に対する課題や、若者が平和を創造していく上で得られるもの、そして私たち一人一人が考える平和の意味など、多くのトピックについて話し合いました。

プログラムの最後には、学生たちは人権と広島を学ぶ意味について振り返り、北海道に帰った後に自分たちがどうしていくかということまで一緒に考えることができました。

立命館慶祥高校のみなさん、素晴らしいプログラムをありがとうございました!

Last year, PCV hosted a day-long peace education program for Ritsumeikan Keisho High School students who are studying human rights.

PCV members Mary and Honoka worked together to introduce students to the concept of peace culture, prepare them to experience the Hiroshima Peace Museum, and guide them through Peace Park.

The students had the privilege of meeting with atomic bomb survivor and professional artist Toshiko Tanaka, who graciously told her testimony and answered questions.

Throughout the day, PCV members and students discussed many topics, such as the rewards and challenges of peace work, the unique gifts of youth in creating peace, and the meaning of peace to each one of us.

Finally, the students reflected on their motivations to study human rights and Hiroshima, and decided on actions they would stop, start, continue and change after returning home to Hokkaido.

Thank you Ritsumeikan Keisho High for a fantastic program!

Translate »